ホーム > 一般・経営者の方々へ > 協会による支援 > 経営革新等支援機関

経営革新等支援機関

 経営革新等支援機関(以下、認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安定して経営相談等が受けられるために、専門知識や実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。愛知県中小企業診断士協会は、経営革新等支援機関に認定されています。

認定支援機関が提供する主な支援内容

  • 経営革新等支援及びモニタリング支援
  • その他経営改善等に係る支援全般
  • 中小企業支援施策を活用した支援(補助金、融資制度等を活用する場合の事業計画策定等)

経営改善支援センターを利用した経営改善事業

 経営改善支援センター事業は、一定の要件の下、認定支援機関が経営改善計画の策定を支援し、中小企業・小規模事業者が認定支援機関に対して負担する経営改善計画策定費用及びモニタリング費用の総額について経営改善支援センターが3分の2(上限200万円)を負担するものです。
 経営改善支援センターは、全都道府県に設置されています。

愛知県中小企業診断士協会の支援体制

 当協会では経営改善業務研修を修了し、実務に精通した会員中小企業診断士によるハイレベルな支援を行っています。
 なお、愛知県および名古屋市信用保証協会を通じ当協会による経営診断・フォローアップ診断を受けられた中小企業者の方には、一定の規模までは基本60万円コースのプランがあります。

基本60万円コース通常の支援
要件保証協会を通じ当協会の
経営診断を受信済み
左記以外
対応基準概ね年商5億円程度まで等
計画策定・モニタリング支援費用60万円(税別)最大300万円(税込)
うち経営改善支援センター補助金40万円(税別)最大200万円(税込)
うち中小企業者負担20万円(税別)最大100万円(税込)

上記金額には経営改善計画策定支援およびモニタリングを含みます。

※基本60万円コースの対応基準の詳細については、当協会へお問い合わせください。

問合せ先

愛知県中小企業診断士協会 認定支援機関業務担当までお問合わせください。
電話:(052)581-0924  FAX :(052)581-7889